アニメ

ワールドトリガー【アニメ2ndシーズン】1話ネタバレ感想

1月9日からワールドトリガー2ndシーズン」が始まりました。

テレビ朝日系列~深夜1時半からオンエア。

「NUMAnimation」で放映中です。楽しみに待っていました!

ワールドトリガーのアニメのネタバレ感想を書いていきたいと思います♪

ワールドトリガー1期あらすじ

いまから4年前、修たちが住んでいる三門市がネイバー(侵略者近界民)から襲撃される事件が起きる。

そして現在は三門市を守っているボーダー(界境防衛機関)というチームがいる。
三雲修は転校生の空閑遊真と出会う。なんと遊真はネイバーだった。

ひょんなことから修と遊真そして幼馴染の雨取千佳は迅に誘われてボーダー隊員として玉狛支部に入る。
そして3人はA級隊員をめざすために奮闘することになる。

ワールドトリガー1話あらすじ

ガロプラは集合して任務の最終認を行っていた。玄界(ミデン)の足止めが任務である。そして遠征艇を壊すことが目的であった。

そして作戦を練っていた。

ガロプラは偵察しながら突撃チャンスを狙っていた。

その時のサイドエフェクトが反応、敵がくると伝える。迅は小南「太刀川さんがぶった切られる未来が見える」と言い太刀川についていくように言う。

予定通りガロプラが侵攻してきた、B級ランク戦は通常通り行いながらA級隊員たちでガロプラ侵攻を迎え撃つことになっていた。

ヒュースは、ランビリスを探していた、どうやらガロプラの遠征艇に乗せてもらう予定だった。「世話になったな先輩」と陽太郎に向けた言葉を残して、陽太郎はすでに眠ってしまっていた。

いよいよ戦闘が開始した、狙撃犯を中心に戦いが始まった。ガロプラはボーダー基地に潜入し、最短で遠征艇に向かう。

迅が応戦するが逃げられてしまう、迅は遠征艇が狙われていることを本部に伝える。

外ではすでに戦闘が始まっていた。

那須隊は、ウェン・ソーと戦闘を開始する、三輪と米谷コスケロと戦闘を開始した。

続く…

ワールドトリガー感想

とうとう始まりましたね~♪

2期楽しみにまっていました。ガロプラ侵攻編からですね!

今回修や遊真、千佳は出ませんでしたが今後この3人も大活躍してくれるでしょうね!

B級ランク戦とは違いみんなが一丸となって戦うのを見るのは好きです。

今後も楽しみです!

OPもカッコいいので見てほしいです♪

合わせてコミックも読んでみてください♪

配信サイト 無料期間 月額 ワールドトリガー2nd配信
U-NEXT 31日間 2189円
ABEMAプレミアム 2週間 960円
dTV 31日間 550円
Hulu 14日間 1026円